積み木

理想の住まいを造りたいならサカエ建設に依頼するべき

災害に強い家が建つ

室内

地震によって住まいに被害が出るとその後の生活に大きな支障が生じます。たとえばローン返済が残っている場合には、ローンの支払いに加えて家の修復費用が追加で必要となるので資金繰りが悪化するのは明白です。また家屋が倒壊するなどの被害が出た場合には命も危険にさらされます。そこでマイホームを購入する方におすすめなのが地震に強い家です。地震に強い家であれば、大地震に遭遇した時でも家屋の損傷を最小限に抑えて家族の安全をしっかりと護ることができます。この地震に強い家を購入する際にはいくつかのポイントがあります。まずそのポイントの一つが建築方法です。建築方法には大きく分けてRC造りと木造があります。RC造りとは鉄筋コンクリートを主体とした建築工法のことで、地震に対する横揺れや縦揺れを構造材の頑丈さで十分に耐えしのぐ性能を持っています。一方の木造は在来軸組み工法と呼ばれるタイプがメインで、木材の持つ柔軟性を活かした免震構造による耐震能力を持っているのが特徴です。これらの工法には双方にメリットがあるのでどちらが良いとは一概には言えません。もう一つのポイントになるのが「構造設計」です。構造設計とは柱や梁の強度を計算して地震の揺れに対しても十分な耐久力を持つ家を建てる際に使われる設計で、この計算式に基づいて作られる家は十分な耐震構造をそなえた「地震に強い家」と言うことができます。住宅を購入する際に地震に強い家を希望するなら、RC造りと木造の特徴を踏まえたうえで「構造設計」が行えるかをポイントにして建築会社に相談してみましょう。